fc2ブログ




3月17日(火) オープン戦
大洋 6対1 阪神


3月18日(水) オープン戦
大洋 6対4 巨人




虎はなにゆえ強いと思う?





それは元々強いからよ!!!




たかがオープン戦
されどオープン戦

偶然も度々起これば
これ即ち必然


首位という天上からの眺め
どうしてどうして悪くはないのお~

ぐへへへへ


ポジるという表現の底に
どこか嘲笑されるような意味合いが
漂っているのであれば

ここはしっかりと
日本語で表そうではないか


我々は常に前を向いているのだ!
上を向いているのだと!


おっと…

もう上はいなかったわ






ここに来て

我々ハマ☆ベイファンには
何ともビッグなニュースが発表された


親会社であるDeNA殿と
あの任天堂が業務提携をするのだとか


任天堂と言えば
かのファミコンで一世を風靡し

スーパーマリオだの
ドンキーコングだの

我らが主筆の
可憐な乙女時代には

その栄誉を、得点を
そして裏ワザをクラスで競い合った

そんな思い入れのある大企業


ファミコン思い出について語り出すと
一冊の本が書けてしまうゆえ

またの機会に譲るとして



この業務提携の意味合いについて
天下の日本経済新聞がどう伝えているか


家庭用ゲーム機がジリ貧となり
スマホ等を媒体とした
ゲーム業界に参入したい任天堂と

任天堂が抱える優秀なキャラを
自らのゲームに取り込みたいDeNA

その利害が一致した


つまり

任天堂はソーシャルゲームのノウハウ
そしてDeNAのIT技術を獲得し

DeNAは任天堂が有する
数々のメジャーなキャラを獲得

お互いの欠点を補う
長田⇄渡辺のトレードみたいなもの

そう結んでおられた


なるほど
流石は日経新聞

実に分かりやすい解説ではないか



しかしながら
その行間を読み解いてみると

二つの大きな疑問が
沸き起こってくる



ひとつ目は

お互いが220億を出資し
それぞれの株式を持ち合うという点

そのウェイトは

任天堂においては僅か1%

ところがDeNAにおいては
何と10%にあたる株を任天堂が保有する

その結果…

任天堂は南場オーナーに次ぐ
第2位の株主になるという

この意味を皆様はどう捉えるか?



ふたつ目は

任天堂が保有するキャラクターや
そのコンテンツは

スマホゲームなどを運営する
数々のIT企業にとっては垂涎の的


任天堂もかなり前から
有力なIT企業との提携を模索していた

そんな任天堂がパートナーとして
数ある企業からDeNAを指名した理由

その部分について
明快な根拠が示されていないこと



以上の点において
非常に興味深い関心をおぼえたのである



ご存知の通り

任天堂はシアトル・マリナーズに
スポンサーとして参画

球団への発言権が
どれほどあるのかは不明だが

ゲーム業界においても
野球は有能なキラーコンテンツでもあり

ビジネスとして
野球への関わりというのは

非常に大きなものであることは
想像に難くない




この業務提携が

我々が愛してやまない
ベイスターズに影響するであろうこと



例えばこんなことは考えられまいか?


DeNAと任天堂が
ベイスターズを運営する持株会社を
新たに設立するということ

現在、ベイスターズの親会社は
もちろんDeNAだが

球団を運営しているのは
「株式会社横浜DeNAベイスターズ」



このDeNAにとっては
子会社にあたる球団の運営に

任天堂の豊富な資金力



そして


日本プロ野球界への参画という
大きな野望が加わるのである





うん…



首位に登りつめたその晩に
チープな邪推が過ぎてしまったようだ



皆様のお目を汚してしまったこと

ここにお詫び申し上げる








3月16日(月) オープン戦
大洋 5対0 楽天


三嶋はシーズンでも
この投球が出来れば勝てるはず

そう思わせるような
安定感とボールの勢い

球速は常時140km台後半を計測し

チェンジアップが
まるでフォークのような軌道で
空振を連発

実に痛快なピッチングでありました





三浦を含め7人の先発候補が
高いレベルでローテーションを争い

心配されていた
中継ぎ、抑えについても

左腕の林、岡島、タナケンが安定

右は加賀、長田、東野に
エレラ、国吉、山﨑の150kmトリオ


これは悪くあるまい?


そのうち

三上が戻ってくる
大原が戻ってくる

それ以外にも

高橋尚成がいて萬谷もいて
我らが主筆が推す平田がいる



こうして考えると
やはり問題は打線なのだろうか?

ここまでのところ
中軸の筒香、梶谷、バル、ロペが好調

しっかりとクリーンナップで
打点を稼ぐ理想的な攻撃を展開


下位には打撃も楽しみな
ルーキー倉本に

バッティングにも成長著しい
黒羽根がいる

この7、8番は下位打線にしては
楽しみなところ


もしかしたら

病的に左右ジグザグを好む
キヨシのこと…

倉本はロペスとバルの間
6番で起用するかもしれない




消去法で残るは1、2番


高い出塁率で
梶谷以下のクリーンナップに繋ぐ

この1、2番に得点力がかかっている

それが紛れもない現実にして
現在の課題


残されたポジションは外野とセカンド

候補は外野が
桑原、荒波、松本、下園、石川

セカンドが
石川、山下、山﨑

このあたりになろうか?



うーん…



早いとこ

グリエルが来てくれればいいのに





あ、

それだとエレラが使えんのか!?


悩みはつきませんのぉ(笑)





最高に楽しい悩みではありますが





3月15日(日) オープン戦
大洋 3対4 阪神


いくらオープン戦とは言え
同一リーグの球団に負けるというのは

何とも悔しいもの

先日のドリャゴンズ戦といい
今年も阪神は高い壁になりそうだと

そんな印象を持ってしまうのは

ファンとして
受け入れ難いものであり

認めたくないものなのである




春先のキャンプから
故障で出遅れていた荒波が

どうやらファームでは
元気に守備につき

一番を打っているようでひと安心


同じくキャンプでケガをした

白崎もショートでスタメン
後藤がDHでスタメンと

必要な選手が
続々とゲームに復帰しているようで

何とも嬉しい限り



彼らが不在の間に
チャンスをもらった若手達

飛雄馬であり
関根であり
ルーキーの倉本に山下

若手野手の底上げが出来たこと

これこそが
今キャンプにおける最大の成果だと

声を大にして言わせて頂こう



そんな中で心配なのは

未だに多村しゃんの目撃情報が
伝わって来ないこと

確か肘を痛めているというような
そんな情報があったきり

どうやらファームの選手達に混じって
練習すらしていないようで


いまだ別メニューなのか?
それとも風邪とかか?


不安は募るばかり…




そんな思いを持ちながら
ファームの結果を見ていて

もうひとつ気になったこと


んん?


下園と宮崎はどうした!?


下園あたりは先日まで
一軍のオープン戦でスタメン出場

タイムリーなど
放っていた記憶があるが

今は井手のテスト期間で
ベンチには入ってたりするのか?


うーん…謎だ



同じく後藤や多村が不在となれば
代打の切り札として

大きな期待のかかる宮崎

練習試合などでは
格の違うところを見せながら
(もちろんバッティング)

こちらも
いつの間にかフェードアウト




間もなく開幕という
この時期において

一番心配なのは、もちろん故障


この時ばかりは
まるで親が子供の心配をするように

とにかく元気でいること
ベストな状態で開幕に臨めること

そうあって欲しいと
懇願する次第




忘れてないんよ



何があろうと
誰が活躍しようと


大事な選手達の動向は

み~んな、気になっているんやで








カープの、いや日本球界のエースにして
難攻不落の不沈艦

前田健太


そして、ハマ☆ベイのエース
(…になってもらわないといけない)

どすこい山口


現時点においては
まだまだ大きな差があると

誰もが感じてしまった
本日の投球


一番ヤバイのは

我々、ファン以上に
ベンチや野手達がそう感じてしまうこと

山口が投げるなら勝ちゲーム!

誰もがそう思わんとアカン
そう思わせんとアカン



我らが主筆の絶対神であり
大洋ファンの誇り

遠藤一彦がそうであったように




本日のカープとの練習試合
何にびっくらこいたかと言えば

マエケンの雨男ぶりでも
デヘススの規格外の投球でも
倉本の起死回生の同点打でもなく


試合前の
あのスコールの中

大きな声を出し溌剌と練習をしていた
カープの若手選手達


うわぁ~っ!
とか

ここ水浮いてますよ~!
とか

叫びながら

大雨の中、実に元気に練習をされていた


見習うべきだろ!
うちだって若いチームだろ!








違いますか!
お客さん!

o(`ω´ )ノ








確かに倉本とかムシキングとか
飛雄馬とか桑原とか

生きのいい若手が出てきた

だからこそ
見習うべきところは見習って欲しいんよ

盗んで欲しいんよ


あの足場が悪い
グランドコンデションにも関わらず

山口のスキを突いて
二盗、三盗と遠慮なく走り回り

いつものようにバッテリーを
パニックに落とし入れた

抜け目のない走塁


これは一長一短で出来ることやない

でも、やられて嫌なこと
裏をかかれたこと

いまのうちに
しっかりと盗んで欲しい
勉強して欲しい


桑原も
飛雄馬も
倉本も
山下も


足がある!
元気がある!
素質がある!


やれるんよ!
伸びるんよ!


このキャンプを見て
実戦を見て

確かにチームは強くなってる
層も厚くなってる

でも

他のチームも頑張ってるわ
成長してるわ


必死になってチームを強化してる



だから選手達も
我々ファンも

これでいいと思っちゃダメだわな


今日のカープを見て
あらためてそう思ったわ

目が覚めたわ!


それでも負けへんよ


まだまだうちは強くなる!
まだまだ選手達は成長する!




なめるなよ!

マエケン!



待っとれよ!

黒田!




新生ベイスターズが噛み付くど!
牙を剥くど!





男子三日会わざれば刮目して見よ





あと1ヶ月
されど1ヶ月


1試合ごとに成長する!
1試合ごとに大きくなる!





ハマスタ開幕戦では
ビックリさせたるけんね!!!!!